忍者ブログ

DATE : 2017/06/24 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/09/23 (Tue)
日常の食生活で不足しがちな成分をサプリメントで補いましょう。


●ビタミンC
水溶性で、大量に摂っても体外に排出されやすいです。
毎日続けることが大事です。


●ビタミンB群は三大栄養素
運動やダイエットにかかわり、代謝に関係します。
B1、B2、ナイアシン、葉酸などがお互いに作用するのでまとめて摂取せず、
数回に分けて摂取します。

●マルチビタミン
1粒に10種類以上のビタミンが配合されています。
外食が続くなどして食生活が乱れがちな方にぴったりだと思います。

●カルシウム
骨粗しょう症のリスクを回避するためにも、
カルシウムはサプリメントでとると便利です。
カルシウムだけ大量にとっても骨は作られません。
カルシウムとマグネシウムは2:1 の割合で摂るのが理想的と言われています。
マグネシウムがたりないと、 カルシウムをうまく骨の中に取り込めない上に、
今までに蓄積されたカルシウムも、骨から出やすくなってしまいます。

●鉄
不足すると疲れやすく、貧血になります。

カルシウム、マグネシウム、鉄、セレンなどが含まれた
マルチミネラルというサプリメントもあります。

PR

DATE : 2008/09/23 (Tue)
製薬会社や食品飲料会社などがサプリメントを販売しています。
サプリメントを販売している主なメーカーを上げてみました。

サントリー
アサヒ緑健
DHC
ファンケル
山田養蜂場
小林製薬
味の素
大塚製薬
オルビス
兼松ウェルネス


サプリメントは、製造会社でを選ぶというよりは
成分で選ぶことのほうが多いと思いますが、
信頼できる会社のものを選びたいですよね。

サプリメントは栄養補助食品、または健康食品にあたります。

「薬」は薬事法でいう医薬品と医薬部外品です。
処方箋が必要です。また薬局でも購入できるものもあります。
医薬品は薬事法で規定されていて、
明確な成分などが法律で定められています。

「特定保健用食品(トクホ)」・・・成分と安全性が評価できるもの。
5種類のミネラル、12種類のビタミンが基準量含まれているものは
「保険機能食品」とされます。
それ以外は健康食品です。
階段の昇り降りがつらい。正座がつらい。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

DATE : 2008/09/22 (Mon)
サプリメントを飲んでいる、
というと良い印象を持たれない事があるんですが、
正しい飲み方が浸透していないせいかもしれません。
ドラマ等で、食事を全く摂らずに、
サプリメントだけ大量に飲んでいるシーンがたまにありますよね。
あんな人は本当にいるのかしら?と思うのですが、
これでは体にいいわけがありません。


サプリメントは食事だけで摂取できない栄養素や、
不足しがちな成分を効率良く吸収させ、
健康維持に役立てるものとして利用しましょう。

最近は農薬などにより食品の栄養価が昔より下がった、
と言われていますし、
調理方法によっては、水溶性のビタミンC等、
栄養素が失われてしまうことも多いです。
野菜を水洗いし、その後ゆでるとお湯に溶け出してしまうのです。
生で大量に摂取することは難しいので、
仕方ない事ではありますが、基本の栄養補給は食事。

食事から栄養をとり、適度な運動をし、プラスサプリメントで
健康的な体づくりを目指しましょう。

サプリメントの製造会社はたくさんありますので、
自分に合ったサプリメントと、
信用できる会社を選びましょう。
飲料や食品でおなじみのメーカーなら、
安心して飲めるかもしれません。
サントリーからもサプリメントが出ています。


DATE : 2008/09/22 (Mon)
サプリとも略するけど、
そもそもサプリメントって何ぞや?


アメリカの「ダイエタリー・サプリメント」を日本語に訳したものらしいです。
栄養を補給する目的の食品です。
薬と混同しがちですが健康食品です。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸など不足しがちな栄養素を補うのが
サプリメントの主な目的です。
日本では1990年頃から
サプリメントという言葉を耳にするようになり、
多くのメーカーから様々なサプリメントが販売されました。

若い人だけでなく、
健康に強い関心を持つ中高年向けの健康維持サプリメント
たくさん誕生しました。
まだネット販売が今ほど普及していなかった時代は、
マルチ商法などのイメージが強く、
悪いイメージがありました。

その後、医薬品メーカーやサントリーなどの食品会社が
サプリメント開発に力を入れてきたこともあり、
サプリメント業界全体が大幅にイメージアップしました。

アメリカでは健康に関する意識が日本より高いです。
なぜでしょう?
アメリカでは医療費が高かったのが一つの理由に上げられます。
1910年代には、なんと既にビタミンが販売されていました。
アメリカも日本同様、
医薬品ではなくラベルには含有成分の表示が義務付けられています。
HOME
忍者ブログ [PR]
スポンサー
プロフィール
HN:
サプ美
性別:
女性
趣味:
手芸
自己紹介:
お料理苦手(;д;)
生活不規則(;д;)
すぐ風邪引く(;д;)

健康になりた〜い
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
カウンター